大塚家具新宿店を取材!家具中心で家電も紹介する店舗の見せ方

大塚家具さんの新宿店リニューアルのレポート記事を、家電Bizさんに掲載して頂きました。

大塚家具さんはヤマダ電機さんの傘下となり、あくまで家具中心でありつつ、家具と家電の複合展示を進めています。ヤマダ電機さんの店舗における、家電住まいる館などの展示とやや似ていますが、ヤマダ電機さんは家電中心で家具も展示しているスタンスなので、アプローチがちょうど正反対になっているわけです。

分かりづらいかもしれませんが、「各フロアを回ったときに見ていて欲しくなるものは、家電よりも家具のほうが多い」と言えば、私の感じた印象が伝わるでしょうか。

今回は広報に話を聞きながら見学させてもらいましたが、聞いていて興味深かった話は、接客のスタイルに変化が必要になってきたということ。従来は一組のお客に一人のスタッフが専任となって接客し、すべての商品を説明してクロージングまで持っていく、家電量販店ではコンシェルジェと呼ばれる方式だったのですが、家具と家電をすべて一人のスタッフで説明するのは困難ということのよう。

それはそうだと納得したものの、よくよく考えると世の中にはスーパーの肩書を進呈したくなる優秀な販売員もいますからね。いずれ、家具も家電もマニアックな領域まで把握して接客できる販売員が現れるのかもしれませんね。

ちなみに、家具は足やテーブル面など露出する木目の色が同系色になるようにし、家具で使われている布地や革、ラグ、カーテンなどで複数の色を組み合わせるとお洒落に見えるということも教えていただきました。なるほど、確かに!

大塚家具の7店舗が家具と家電のトータル提案でリニューアル、新宿店はこうなった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です