この一年で耳にすることになる業界キーワードは「インテリジェント」(MSカンファレンス)

マイクロソフトさんが開催した「Japan Partner Conferrence 2017 Tokyo(ジャパン パートナー カンファレンス)」のレポート記事をマイナビニュースさんに掲載していただきました。

平野社長による、この一年は「インテリジェント」という言葉をよく耳にすることになるだろうとの発言が印象的でした。

大人の事情により掲載できなくなったデモンストレーションの数々が、皮肉なことにとても分かりやすかったです。

日本マイクロソフト、2018年度はセキュリティとAIを活用

今後増えるのか?WQHD対応で5万円以下の30型前後のディスプレイ

アイ・オー・データ機器さんからニュースレターが届き、何気なく見ていて気になったのが、これ!

9月下旬発売を予定する、フルHDよりも解像度の高い2,560×1,440ドットのWQHDに対応した31.5型ディスプレイ「LCD-MQ321XDB」です。


LCD-MQ321XDB

上下左右178°の広視野角ADSパネル、DisplayPort×1、HDMI端子×3も良いのですが、市場想定価格がなんと税別44,800円前後だそうで、コストパフォーマンスがかなり魅力的ではないでしょうか。

27型~32型前後でフルHD(1,920×1,080ドット)より高解像度に表示できて、なおかつ5万円以下のディスプレイって案外ないんですよね。

タイトルに【これ欲しい】と入れようかちょっと迷いました。この記事は広告じゃないので正直に入れても別に良いんですけどね。のちのちタイトルがそればっかりになりそうな予感がしたので自重しました(笑)

でも、そろそろ買い替えようかなというタイミングだったら、本当に買い物かごに入れていたと思います。

今後はこのくらいの価格性能バランスの製品が各社から出て来るのかもしれず楽しみです。


LCD-MQ321XDB | ワイドモデル | IODATA アイ・オー・データ機器

子供向けプログラミング教材は楽しそう!

マイナビニュースさんに「NEC Lenovo Programming Summer Camp」の取材記事を掲載していただきました。

子供達がとても良い表情を見せてくれて、掲載していただいたもの以外にもこれはいいなと思う表情が幾つも撮れました。

最近の子供はみんな撮られ慣れしていますね。

あとは、ここで紹介していた教材は、大人でも十分使えると思いました。

hour of cordViscuitMakey Makeyです。

今度やってみようかしら。

厚切りジェイソンがプログラミングの楽しさを力説! 「NEC Lenovo Programming Summer Camp」

仮面女子も登場、秋葉原にユニークな商品を探せるお店がオープン

ユニットコムさんの新店舗「パソコン工房 AKIBA STARTUP」オープンのメディア向け内覧会のレポートをマイナビニュースさんで掲載していただきました。

スタートアップ企業がネット上で販売する、ユニークな商品の実物を店頭で確かめられるのがポイント。これからは定期的に覗きに行きたいと思います。

20商品近く並んでいた中で、私が一番興味を惹かれたのは、耳たぶにイヤリングのように装着するハイレゾ級骨伝導イヤホンの「earsopen」。耳を塞がないので外の音が普通に聞こえるのが特徴です。

これ、作業中のBGM用に最適ではないかと思います。販売価格は税込13,800円からだそう。

将来は無線になって耳たぶにぶら下げるだけになるのでしょうか。デザインもお洒落になって本当にイヤリングと変わらなくなれば、利用者がぐっと増えそう。早くそうなってほしいですね。

オープンの応援で駆け付けた地下アイドル「仮面女子」の名前は、秋葉原駅の広告等で見知ってはいたのですが、あっさり素顔を出していたのがちょっとびっくり。

最初、撮影して良いのかなと迷って、周囲の記者が撮り始めるのを待ってしまいました(笑)

仮面女子、絶叫 – 注目スタートアップ製品に触れる「パソコン工房 AKIBA STARTUP」オープン

無線LANルーターはプレミアム化の時代

台湾のSynologyさんの高機能無線LANルーター「RT2600ac」の発表会レポートを、マイナビさんに掲載していただきました。

安い製品があってもプレミアムゾーンが売れる現象は、PCやITを含む家電市場では、しばしば見かけます。その波がルーターにも来そうだなと感じる発表会でした。

先日のIoT家電のセキュリティ対策にも繋がりますが、高度なセキュリティ機能を備えたルーターやUTM(Unified Threat Management)のような製品は、今後ますます注目されていきそうです。

そのとき、その必要性をどう消費者に伝えていくか、メディアの使命も決して軽くないと思いました。

【レポート】SynologyのRT2600acは、国内プレミアム無線LANルータ市場に風穴を開けるか?

複数のPCを1つのマウスで個別に操作

ロジクールさんのちょっと面白い機能を備えたマウス「MX MASTER 2S」のレビュー記事をマイナビニュースさんに掲載していただきました。

1台のPCで検証作業しながら、同時にもう1台で原稿を書く(メモを取る)なんてときにめちゃめちゃ便利です。

キーボードとセットで導入したいところですが、キーボードは人によりこだわりの大きい商品なので、私に合うものがラインアップにあればなぁ、なんて思ったりしました。

マルチPC使いは刮目だ – 1台のマウス/キーボードで複数のPCを操作できるロジクール「Flow」

日経PC21の8月号に寄稿

《執筆履歴》
日経PC21さんの8月号に原稿が掲載されました。
同誌への寄稿は初めてです。

ランサムウェアのWannaCryネタで、1ページ。
短い文章で正確に伝えるにはなかなか難しい内容でした。
読む人が読んだら、浅い!語弊がある!などと言われそうで少しビクビクです。

トレンドマイクロさんに取材にご協力いただきました。
ありがとうございます。

ウェブではないので無料ではありません。780円です。
ご興味を抱かれた方は是非書店にて。

この号はWindowsの高速化ネタが山盛りで、Googleのサービスをまとめた別冊付録が付いています。
これは便利そう。

10年以上前は、PC専門誌の編集者だったので、この雰囲気は懐かしいです。

ハードディスクは消耗品

バッファローさんのデータ復旧サービスの説明会&見学会の記事をマイナビニュースさんに掲載していただきました。

昨日、投稿するつもりでうっかりしていました。

ハードディスクを話題にしているときに「壊れないハードウェアは存在しない」と指摘されると、「いや、そりゃ、分かっているけれどさ」と苦笑いしちゃいますね。

仕事に関わる最重要のテキストデータ類はほぼ毎日バックアップしていますが、写真類は超いい加減なので、毎日とは言わなくとも習慣的にバックアップできるようになりたいものです。

【レポート】HDDデータ復旧サービスで救えるのは約○割? – バッファロー、新たに参入したデータ復旧センターを公開

「3分で分かる人工知能」は本当に3分で分かるのか

マイクロソフトさんが解説アニメ「3分で分かる人工知能」を、YouTubeで公開しています。


アニメ「3分で分かる人工知能」

●The animated guide to artificial intelligence (Explanimators: Episode 1)

「3分で分かるなら、観てみようか」とアクセスしてみました。


全編英語なので、まずは「設定」で字幕を「オン」に変更して、言語を「日本語」に

アニメでは、アルゴリズムやハードウェアの進化を背景に、人工知能(AI)が普及しつつあり、今後ますます人間の生活にゆとりをもたらすようになると説明しています。

そして、そのAIはどういう仕組みで動作しているのか。人間のニューロンに近いんだよといったことを解説します。

ただ、コルタナ(Cortana)を知らないと主人公の男性が誰とどう会話しているのかまず分かりづらかったり、全体的に早口なので字幕を追いかけるのに忙しくなってアニメーションにあまり目がいかないのが難点。


ストーリーは男性とスマートフォンのアプリであるコルタナの会話という形で進行します

ディープラーニングで猫の識別を可能にするくだりなど、あらかじめ知らないと意味が分からないだろうなと思って見ていました。

単純に見やすさという点でも、無理に3分の尺に収めず、コルタナとの会話にも間をもたせたり、男性とコルタナで字幕のセリフを色分けするだけでも随分違ったはず(YouTubeにその機能があるのかよく分からないですが)。

あとは少し厳しい意見ですが、もう少しどんなユーザーをターゲットにしたアニメなのか考えてタイトルを付けて欲しかったです。

アニメの出来不出来はともかくとして、OS屋であるマイクロソフトさんが、ワールドワイドで人工知能(AI)に注目していると喧伝している背景を考えると、いずれはコルタナが、パーソナルコンピューターのOSそのものになっていくのではないか。

そんな印象を受けました。

画面にプライバシーフィルターを内蔵する日本HPの法人向けPC

マイナビニュースさんに、富士フイルムさんの発表会のレポートが掲載されました。

●マイナビニュース:【レポート】新しい「チェキ」でクリエイティビティを刺激 – アナログカメラとデジタルカメラのいいとこ取り

久しぶりに結構手を入れていただいて、もっと勉強しないといけないなと反省です。

20日(木)には、日本HPさんの法人向けパソコンの発表会にも参加しました。

こちらは独自のセキュリティ機能を搭載した8製品を一度にリリースしています。

面白かったのが、フラグシップの「HP EliteBook x360 1030 G2 Notebook PC」に搭載されているプライバシースクリーン機能「HP Sure View」です。

液晶画面を斜めから覗いたときに画面が白濁するプライバシーフィルターを画面部分に内蔵したもの。「Fn」+「F2」キー操作でOn/Offでき、周囲にいる人と一緒に画面を見たいときはOffにして、一人で周囲に見られず作業したいときはOnにして使います。カフェや電車の中でパソコンを使う時に良い機能ですね。


正面の左右35度、都合70度の範囲は画面が見えます


それ以上の視野角になると画面が白濁化していき、左右50度くらいからは真っ白になって何も見えなくなります

この機能、法人向けに限定せず、コンシューマー向けにも搭載すれば良いのにと思いました。

●日本HP(プレスリリース):日本HP、PCを多層的に防御するセキュリティソリューションに新機能を追加