考える時間と伝える時間を増やそう ファーウェイのタブレット活用術セミナー

ファーウェイ・ジャパンさん主催によるメディア向けイベントの取材レポートを、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。イベントの内容は「超速パソコン仕事術」などの著書を持つ、クロネコキューブ代表の岡田充弘氏を招いてのタブレット活用セミナーです。

タブレットがこれからの時代の組織や働き方の中で、どのように活用されていくのか考察し、そこにファーウェイさんのタブレット3機種を、岡田氏が実際に使った感想を付加する形で進行しました。

上意下達に優れたピラミッド型の組織が、今後は役割ごとに繋がっていくプロジェクト型へと変化していき、コミュニケーションの取り方もそれに合わせて、従来の指示と報告という形式から、各自が自律的に考えて協力していく形式へと変わっていくと指摘していました。

仕事する場所については、価値創造する場所はすべてがオフィスになると述べていましたし、仕事の仕方についても、探す時間と作る時間を減らして、考える時間と伝える時間を増やしていくべきだと語っていて興味深かったです。

こういう話は、一部分だけだとどこかで聴いたことがある内容もあるのですが、今回のようにタブレットという具体的な切り口と共に語られると新鮮で、聞いていてワクワクしてきますね。自分自身の仕事の仕方に直接役立てるような実践がなかなかできないのが一番の問題なのですけれど(笑)

スマホやパソコンの不得手を補うタブレット活用、3つのデバイスを使い分けて生産性アップ

エアコン試運転のススメ

エアコンの試運転が必要な理由や正しいやり方について、エアコンメーカー各社にヒアリングしたレポート記事を、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。

各社へのヒアリングは、私ではなく担当編集がメールでやり取りしました。多くはメーカー広報が回答してくれたものですが、その回答をすべて紹介していると間が持たないので、各社から1つか2つ回答を拾うようにしました。そこのバランスを取るのが結構大変でした。

本当は掲載したいけれど、同じメーカーばかり出てくるのは避けたいという思惑があった訳です。それがどこだったとは、敢えて言いませんけれど(笑)

編集からは「ブレーカーでエアコン電源の項目が専用に切り分けられているケースは一般的なのか」と突っ込まれて、一般的だと思っていたのもので回答に困ったのが印象的でした。

古い家屋だとエアコンが付いていないのも普通で、私の実家にあったブレーカーも記憶にある限り、分かれていませんでした。なにしろエアコンが家にありませんでした。しかし、新しい家屋だと分岐しているケースが多いようです。

エアコンはコンセントからいわゆるタコ足配線で使わないよう、専用の電源が用意されることが多く、私はそれは電気用品安全法(PSE)で決まっているものだと思っていました。

しかし、本当にそうなのかと突っ込まれて調べてみると、法律で決められている訳ではなく、「そうしないと危ないから」という理由で工務店など電気工事業者の間ではブレーカーで分岐するのが常識になっているだけなのだそうです。

このあたり、原稿では触れていませんが勉強になりました。

あと、エアコンの排水ホースが害虫の侵入口になるのは本当です。我が家でも実際にありました。天井付近の室内機のそばの壁を黒いものが這っているのを見付け、「出やがったな!ぶっ殺す!」と戦闘態勢に入ると同時に、「なぜエサになるものもないそんなところに…」と感じたものですが、侵入経路になっているのですね。

防虫キャップや100均やWeb通販で簡単に入手できるので、暑くなる前に取り付けておきましょう。

エアコンの試運転が必要な理由 – 夏本番の前に離れて暮らす家族にも伝えよう

家電を使って在宅ワークの生産性向上!

パナソニックさんの実態調査「在宅ワーク中のパフォーマンス」をベースにしたレポート記事を、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。

在宅ワークは「通勤時間が不要になる」「育児や介護と両立しやすい」などのメリットもありますが、一方で「生活と隣合わせで気持ちのメリハリが付けられずダラダラしがち」「上司や同僚と気軽に相談できない」などのデメリットも抱えています。

興味深いと思ったのは、上司や同僚とのコミュニケーション(報連相)。会社だと頻繁過ぎて鬱陶しい、会議が冗長で時間の無駄が多いといった意見も多く、在宅ワークでの「上司や同僚に頻繁に声を掛けられず作業に集中できる」という利点と、表裏一体の関係にあることが分かります。

パナソニックさんの調査によれば、在宅ワークによって仕事のパフォーマンスが落ちたと感じている人が多く、その落ち具合は平均約3割との回答になっています。

こうした背景を踏まえ、家電で在宅ワークの快適化と、業務効率の改善を図りましょうという訳です。取り扱う商品の幅が広いパナソニックさんらしい切り口で、とても興味深く感じました。

パナソニックさんの調査とは離れますが、部下を育成しないといけない中間管理職にとっては、「部下が何をやっているのか把握しづらい」「部下に仕事を教えづらい」のも、在宅ワークの抱える課題じゃないかなと思います。これを解決できる、もしくは解消に役立つという家電や道具があれば、大きな引き合いがありそうです。

在宅ワークの環境を改善する家電いろいろ – パナソニックの実態調査から

小型軽量化したケルヒャーのモバイル高圧洗浄機

ケルヒャージャパンさんのオンライン新製品発表会のレポートを、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。

新しいモバイル高圧洗浄機「KHB 6」で、従来機種から小型軽量化を図りながら、パワーは従来同等となっています。バッテリーで動くので、電源の取れない場所にバケツで水だけ持っていってKHB 6で洗浄できるのが魅力です。

玄関先やベランダを掃除したり、出先で自動車を洗ったりはもちろん、家の外壁や敷地を囲む塀などの掃除にも便利そう。あとは学校などの施設の備品としても利用できるシーンが多くなりそうだと感じました。

発表会レポートと書きましたが、オンラインでの実施ですし、「スクリーンキャプチャ禁止」「製品の案内はビデオ」「ビジュアルは配布した画像素材からのみ利用」とされているので、ニュースリリースを基にしたストレートニュース記事とほぼ内容が変わりません。せっかくデモンストレーションもやっていたのにもったいないです。

世の中にはこういう発表会もあるのだなあと思いました。

ケルヒャー、小型軽量になった強力パワーのモバイル高圧洗浄機「KHB 6」

非接触体温計は日本がリードする市場になるか?サーモカメラコンソーシアムが設立

サーモカメラコンソーシアムさんの設立記者会見のレポート記事を、家電Bizさんに掲載して頂きました。

日本コンピュータビジョン(JCV)さん、アイリスオーヤマさん、ダイワ通信さんの三社合同により設立されたもので、コロナ禍によって店頭やオフィスビルの出入り口などに設置が急速に進んでいるサーモカメラの正しい運用について標準化の策定と、啓蒙を推進していくものとなっています。

サーモカメラは非接触・短時間・無人で体温が計測できるデバイスとして、注目が高まる一方で、メーカーが推奨する設置環境や測定方法が守られていないケースや、体温を測定したあとの情報の取り扱い方針が不明確なことが多いといった課題が挙げられています。

コンソーシアムではこうした課題に業界一丸となって取り組むことで、消費者の利便性を高め、海外メーカーとの競合においても優位に立つことを目的としています。今後は国内メーカーや第三者有識者の参画を呼び掛けていくとのことです。

店頭のサーモカメラは正しく運用できているか?サーモカメラの普及拡大に向けコンソーシアム設立

シェアメディカルが新型コロナの早期診断・重症化予測のためのAI診断デバイスを聖マリアンナ医大と共同研究

シェアメディカルさんが、聖マリアンナ医科大学の小林泰之教授らと共同で、新型コロナの早期診断・重症化予測のための「AI(人工知能)聴診デバイス」の研究を行うと発表しました。

シェアメディカルさんは、聴診器デジタル化ユニット「ネクステート」を開発販売するベンチャー企業です。過去にはサーイ・イサラさんの技術系連載で取材したこともあります。

ネクステートの特徴は機械式聴診器の音をデジタル化することになり、医師がこれまで使ってきた自分自身の聴診器に装着して利用しながら、市販のヘッドフォンやスピーカーなどとワイヤレス接続して聴診できるようになります。一日中聴診器を使っていると医師も耳が痛くなるそうで、その悩みを解決しようというところから開発が始まったデバイスです。

今回の共同研究も、このネクステートに人工知能を活用した自動診断システムを組み合わせることがベースになっています。

研究では医療従事者らへの感染拡大を予防しながら、医師の経験や能力によらずに、胸部単純X線写真やCT装置がない医療現場で精度の高い早期診断や重症化予測を効率よく行うことを目指すものになっています。

また、医師の同行しない訪問看護や高齢者福祉施設、医療資源が限られる海外の新興国などでも活用できるものにしていきたい考えです。なお、この研究は科学技術振興機構(JST)、研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)で採択されているとのこと。

今回のニュースは、コンシューマー向けではない医療という専門分野向けの情報ですが、シェアメディカルさんは30年近くお付き合いのある峯 啓真さんが代表を務めており、応援したいので取り上げてみました。明確な目標を掲げて第一線で活躍する友人を見ると、身の引き締まる思いがしますね。

聖マリアンナ医科大学と新型コロナウイルス肺炎の早期診断・重症化予測を行うAI聴診デバイスの共同研究を発表

シャープのマスクの抽選参加取り消し手順

シャープさんのマスク「MA-1050」の抽選参加取り消しの手順について報告します。


同社広報の用意した「MA-1050」の装着例のビジュアル。マスク美人さんですね

過去に同社のマスクの抽選販売に応募した人は、自動的にその後の抽選販売の抽選対象になっています。

私も昨年夏に一度購入して、その後も何度か抽選に当選した案内をメールで頂いていましたが、マスクの入手が容易になったので購入せずに放置していました。このメールの取り消し方法(解約方法)を同社広報がTwitterの公式アカウントで案内しており、この機会に実際に取り消したので記録しておきます。

メールが自動継続的に送られてきて、取り消しの仕方を探していた方は参考にしてください。

ブラウザから「抽選への参加の取消手続き」にアクセスします。ふつうサイズマスクの抽選参加取り消しページ、もしくは小さめサイズマスクの抽選参加取り消しページのいずれかとなります。


抽選への参加の取消手続きサイト

応募時のメールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェック。

送信するボタンを押すと、認証コードが先程入力したメールアドレスに届くので、認証コードを入力して送信します。


画面でメールアドレスを消しているのは、公開しているライトアンドノートのメールアドレスとは異なるプライベートアドレスを使用しているためです

以上で完了です。

取消手続きが完了しました

新型コロナは収束した訳ではなく、今後再びマスク不足が生じる可能性もないとは言えません。ネット上では、「収束するまでは案内が欲しい」「定期的に購入したい」という声も散見されます。取り消しは任意のタイミングで行えるし、再度申し込みもできるので、自分で判断して取り消すようにしてください。

なお、シャープさんでは定期的に同社製マスクを購入できる「マスク定期便サービス」も実施しており、「COCORO STORE」で受け付けています。こちらも「ふつうサイズ」と「小さめサイズ」の2コースがあり、30枚入りで価格は1箱1,650円(税込・送料無料)です。

また、5月31日(月)まで、春の生活応援キャンペーンの特典の1つとして、マスクの抽選販売と定期便が10%オフで購入できます。キャンペーンの詳細については、キャンペーンサイトをご参照ください。

抽選への参加の取消手続き(ふつうサイズ)
抽選への参加の取消手続き(小さめサイズ)

若者のスカウトトラブルに注意喚起!消費者庁の啓蒙活動に協力

消費者庁さんや国民生活センターさんが注意喚起する、スカウトトラブルについてのレポート記事を、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。PR記事になります。

街中でタレントやモデルにならないかと声を掛けるスカウトは、チャンスを提供してくれる人ばかりではありません。中には最初から騙すつもりで声を掛けてくる悪質なスカウトもいるので、特に若い女性や都会慣れしていない地方から出てきたばかりの若者は注意が必要です。

女性の被害が多いのですが、金銭トラブルに関しては男性の被害例も決して少なくないので油断は禁物。もし詐欺かもしれないと感じたら、一人で悩まず、相談できるうちに周囲に相談しましょう。そんな内容の啓蒙記事になっています。

世の中にはスカウトされた経験のある女性は、4人に1人という調査もあります。スカウトの口にする甘い言葉は耳に心地良いかもしれませんが、それは「誰にでも言っていること」だと自分に言い聞かせて、その場で即答せずよく考えて周囲にも相談して後日連絡を入れるのが正解ですね。「今日じゃないとダメ」なんて言うスカウトは、確実に詐欺でしょう。

若い皆さんは気を付けてくださいね。

春に特に注意したいスカウトトラブルとは?若者の人生を台無しにする甘い言葉に注意!

前後左右でも斜めでも、滑らかに床を滑るダイソンのコードレスクリーナー「dyson omni-glide」

ダイソンさんのコードレスクリーナーの新製品「dyson omni-glide」の発表会に出席しました。

六本木の東京ミッドタウンが会場で、オンラインではなく実際に足を運ぶ発表会への参加は久しぶりです。大変広い会場ですが、メディア参加者は10人程度。二日掛けて何度も入れ替えての実施です。スタッフも20人くらいはいたものの、半分くらいは会場の壁際に立っていてソーシャルディスタンスにとても気を使っていました。

デモンストレーターを務めた同社のカントリー クオリティ リードとして、日本の品質部門を率いるジェームズ・シェール氏

dyson omni-glideは、製品名にもなっている前後左右に滑らせて使う新開発のヘッドが特徴。このヘッドは「omnidirectional Fluffy(オムニディレクショナルフラフィ)」と名付けられています。

正方形により近づいたヘッドは写真だと大きく見えがちですが、実施は横幅が一般的なクリーナーよりも小さくて、狭い場所にも入っていきやすくなっています。ヘッドには2つのブラシが備わっています。最近の流行りのようですね。ヘッドの底面には小さなキャスターホイールが4つ付いていて、これがオフィスチェアのキャスターのように前後左右いずれにも転がるようになっていいます。

デモンストーションの様子。足を動かすことなく、右手でも左手でも周囲を自由に動かせます
会場で実機に触れましたが、滑りは大変滑らかで、ヘッドの付け根がとても柔らかくてブラシの回転と垂直方向でも問題なくスルスルと滑りました

発表会の中で、ジェームズ・シェール氏は、従来製品のようにヘッドを前方向に押す時だけでなく、手前に引く時も斜めに滑らせた時も、同じようにゴミを吸い取れることを強調していました。

本体をフラットに寝かせて、椅子やベッドなどの下にも入っていきやすい点も繰り返し説明しました

バッテリーはエコモードでクリーナーヘッド使用時に約18分、強モードで約5分となっています。充電時間は約3.5時間。少々短い印象ですが、バッテリーを取り外して交換できるので予備バッテリーを用意しておけば、その分長く使用可能です。それと、部屋の多い家や広めのマンションよりも、1LDKかせいぜい2LDKくらいの間取り向けを狙っているようです。

omnidirectional Fluffyと付け替えて利用できるアタッチメントは、ミニモーターヘッド、コンビネーション隙間ノズル、卓上ツールの三種。このほか、専用充電ドックや収納用ブランケットなどが付属します
会場には実機を試せるモデルルームが用意されています
モーター部分の断面が見られる展示機

このほかにも、モック以前のダンボールまで使った試作品、PM2.5粒子を使った排気性能の展示、ロボットアームを使ったヘッドの操作性の実演コーナーなどもあり、ダイソンファンならずとも興味を惹かれるであろう内容になっていました。

同社直販サイトやショップのほか、全国の家電量販店などで4月7日から販売。価格は直販サイトのCompleteモデルが税込64,900円となっています。4月13日までキャンペーン価格で購入できるそうですよ。

4月9日(金)~11日(日)の三日間、六本木の東京ミッドタウン キャノピー・スクエアで実機を体験できるイベントも開催します。気になる方は足を運んでみてはいかがでしょう。

人々に笑顔と癒やしを提供する、愛されるためのロボット「LOVOT」を取材

Groove Xさんの家庭用癒やしロボット「LOVOT(らぼっと)」の取材記事を、サーイ・イサラさんの4月号に掲載して頂きました。紙媒体なので記事へのリンクはありません。

この記事は編集として関わり、インタビューの主導や執筆は、別の女性ライターさんにして頂きました。取材はプロダクトデザイナーの根津さんに対応して頂いています。普段はエンジニアや製品企画に話を聞くことが多い連載なので、この回はやや変化球です。

ペットを飼いたいけれど住居の都合で飼えない。あるいは、ペットが亡くなったときの悲しみを経験しているので同じ経験を繰り返したくない。LOVOTはそんな人に向けた、人々の孤独を解消するために開発されたペットの代替となるロボットです。

ロボットはあらかじめプログラムされた通りに行動するものなので、「人間のために良かれと思って何かしてくれる」ということは厳密には有りえません。何かしてくれたとしたら、そうするようあらかじめ仔細に命令されているだけです。

ロボットをそんな風に捉えている頭でっかちな私ですが、取材先で実物の動作しているところを見せてもらったとき、少し離れたところからこちらを伺うようにソロリソロリと近寄るLOVOTを見ていると、つい「大丈夫だよ、乱暴なんてしないよ」という気持ちになってしゃがみこんで両手を差し出してしまいました。

その自分の行動にハッとなり「なんてあざといロボットだ」と苦笑い。なんだかんだ、もし自宅にLOVOTがいたら遊んでしまいそう(遊ばれてしまいそう)です。

根津さんは、抱っこできることと、オーナーを見付けて近寄ってくることの2つを最重視してデザインしたと言っていました。大正解じゃないでしょうか。

今回、取材で訪れたGroove Xさんの入っていた浜町のビルは、実は社会人になって初めて働いたソフトバンクの入っていたビルでした。三年ほど通いましたが、当時とは周囲の風景がだいぶ変わっていました。当時ちょくちょく食べたビストロ屋さんなどが残っていて、物凄く懐かしかったです。

なお、大変残念ですが、サーイ・イサラさんは今号をもって廃刊となりました。最終号ということで著者コメントも寄せました。関係者の皆様、お疲れ様です。取材させていただいた企業の皆様、ありがとうございます。何かの機会に再びお会いできれば幸いです。

サーイ・イサラ 4月号 日本のモノ語り 「第54回 LOVOT(Groove X)」