パナソニックのナノイーが濃度100倍に!加湿空気清浄機の新モデルに搭載

パナソニックさんの加湿空気清浄機の発表会レポートを、家電Bizさんに掲載して頂きました。

濃度が100倍になったという新しいナノイーX発生装置を搭載した新製品「F-VXU90」です。最上位モデルとなり、同時に発売するこれより下位のモデルには、新しいナノイーX発生装置は搭載されません。

家電Bizさんは流通向けなので、この製品がどういう物か、誰向けかという情報だけでなく、どうやって売るか、売る際の注意点は何かといったことにも目を向ける必要があります。今回はパナソニックさんが、新「ナノイーX」登場に伴ってグレード表示を一新したことを受け、これを店頭で厳密に説明しようとしても消費者はイメージしづらいのではなかろうかと、ちょっと苦言に近いことも書いてみました。

ただでさえ1秒間に4800億個を発生すると言っていたナノイー濃度が、48兆個になるというのです。その数字を前面に出しても、全然ピンと来ない人が多いのではないかと思うのです。それならば、いっそ新しくなったこと、より効果が期待できることが分かるようにするだけで良いのではと感じました。

それこそ、同じ部屋の中で初代モデルを100台並べて同時運転で発生させるのと、同じ効果だと言ったほうがイメージしやすいのではないでしょうか。本当に同じかどうかは確認していないので、適当なことを言っているのですけれども、もしこのイメージで合っているなら、ビジュアル化すればかなりインパクトがありますよね。

しかし、この調子で1秒間に480兆個とか、4800兆個、4京8000兆個と増えていったら、どこかでこれ以上濃度を高くできない臨界点が来るはずで、それって何個くらいなのだろうかと、実に余計な興味が湧いてしまいました。だって、濃度100倍でも相変わらず目に見えないんですよ(笑)

パナソニックが濃度100倍の新しいナノイーXを発表、加湿空気清浄機に搭載

パナソニックのナノイー/ナノイーXを車載した自動車内は空気がキレイ!のエビデンス

パナソニックさんのナノイー/ナノイーXの効果検証について、車載市場向けに実施した説明会のレポートを、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。

パナソニックさんによれば、2021年度までのナノイー/ナノイーX発生装置の車載台数が累計で1000万台を超えたそうです。今後ますます注力し、2025年度には累計2000万台を目指すとのことでした。

自動車内の空気の質を気にしている人が増えているという同社の指摘は、昨今のコロナ禍における人々の動きを見ても、至極納得のいくものです。

なお、最後の方で触れているナノイーの人体への影響については、質疑応答で別の記者が質問していたものです。実は私も別の機会にこれとほぼ同じ質問をぶつけたことがあります。これ、気になりますよね。

この手のマイナスイオン放出で浮遊菌や浮遊ウイルスを抑制できるということは、皮膚常在菌も抑制されるはずなので、菌やウイルスは抑制するけれど人体には影響が些かもないと言う理屈がよく分からないのです。人体に影響がないのであれば、浮遊菌や浮遊ウイルスにも効かないのではないかと。自己弁護になりますが、理屈屋にとっては、そう考えるほうが自然なのです。

実際は皮膚常在菌と浮遊菌(浮遊ウイルス)の個体数や濃度の圧倒的な違いにより、皮膚常在菌は死んだそばからすぐに復活し、元の個体数/濃度になるので問題がないということでした。手を洗ったり、シャワーを浴びたりしても皮膚常在菌は一時的に減少するものの、すぐに元に戻っていなくならないのと同じ理屈です。そう言われて、ようやくなるほどと腑に落ちたものです。

プレゼンの資料の中には出てこなかった内容ですが、説明されないと分かりにくい部分ではないかと思うので敢えて触れてみました。

パナソニック、ナノイー/ナノイーXの効果検証を公開 – 自動車内の菌やウイルスを99%以上抑制

エアコン試運転のススメ

エアコンの試運転が必要な理由や正しいやり方について、エアコンメーカー各社にヒアリングしたレポート記事を、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。

各社へのヒアリングは、私ではなく担当編集がメールでやり取りしました。多くはメーカー広報が回答してくれたものですが、その回答をすべて紹介していると間が持たないので、各社から1つか2つ回答を拾うようにしました。そこのバランスを取るのが結構大変でした。

本当は掲載したいけれど、同じメーカーばかり出てくるのは避けたいという思惑があった訳です。それがどこだったとは、敢えて言いませんけれど(笑)

編集からは「ブレーカーでエアコン電源の項目が専用に切り分けられているケースは一般的なのか」と突っ込まれて、一般的だと思っていたのもので回答に困ったのが印象的でした。

古い家屋だとエアコンが付いていないのも普通で、私の実家にあったブレーカーも記憶にある限り、分かれていませんでした。なにしろエアコンが家にありませんでした。しかし、新しい家屋だと分岐しているケースが多いようです。

エアコンはコンセントからいわゆるタコ足配線で使わないよう、専用の電源が用意されることが多く、私はそれは電気用品安全法(PSE)で決まっているものだと思っていました。

しかし、本当にそうなのかと突っ込まれて調べてみると、法律で決められている訳ではなく、「そうしないと危ないから」という理由で工務店など電気工事業者の間ではブレーカーで分岐するのが常識になっているだけなのだそうです。

このあたり、原稿では触れていませんが勉強になりました。

あと、エアコンの排水ホースが害虫の侵入口になるのは本当です。我が家でも実際にありました。天井付近の室内機のそばの壁を黒いものが這っているのを見付け、「出やがったな!ぶっ殺す!」と戦闘態勢に入ると同時に、「なぜエサになるものもないそんなところに…」と感じたものですが、侵入経路になっているのですね。

防虫キャップや100均やWeb通販で簡単に入手できるので、暑くなる前に取り付けておきましょう。

エアコンの試運転が必要な理由 – 夏本番の前に離れて暮らす家族にも伝えよう

家電を使って在宅ワークの生産性向上!

パナソニックさんの実態調査「在宅ワーク中のパフォーマンス」をベースにしたレポート記事を、マイナビニュースさんに掲載して頂きました。

在宅ワークは「通勤時間が不要になる」「育児や介護と両立しやすい」などのメリットもありますが、一方で「生活と隣合わせで気持ちのメリハリが付けられずダラダラしがち」「上司や同僚と気軽に相談できない」などのデメリットも抱えています。

興味深いと思ったのは、上司や同僚とのコミュニケーション(報連相)。会社だと頻繁過ぎて鬱陶しい、会議が冗長で時間の無駄が多いといった意見も多く、在宅ワークでの「上司や同僚に頻繁に声を掛けられず作業に集中できる」という利点と、表裏一体の関係にあることが分かります。

パナソニックさんの調査によれば、在宅ワークによって仕事のパフォーマンスが落ちたと感じている人が多く、その落ち具合は平均約3割との回答になっています。

こうした背景を踏まえ、家電で在宅ワークの快適化と、業務効率の改善を図りましょうという訳です。取り扱う商品の幅が広いパナソニックさんらしい切り口で、とても興味深く感じました。

パナソニックさんの調査とは離れますが、部下を育成しないといけない中間管理職にとっては、「部下が何をやっているのか把握しづらい」「部下に仕事を教えづらい」のも、在宅ワークの抱える課題じゃないかなと思います。これを解決できる、もしくは解消に役立つという家電や道具があれば、大きな引き合いがありそうです。

在宅ワークの環境を改善する家電いろいろ – パナソニックの実態調査から

いま一番よく吸うコードレススティッククリーナー、パナソニックのPOWER CORDLESS

パナソニックさんのコードレススティッククリーナー「POWER CORDLESS」シリーズのメディア向けセミナーの記事を、家電Bizさんに掲載していただきました。

具体的には「MC-SBU830J/630J」「MC-SBU530J/430J」「MC-SB30J」の5モデルです。

パナソニックさんの戦略は単純明快です。吸引力至上主義。「最も吸う掃除機はパナソニック」というポジションを取りに来ています。

世間では「一番吸うのはダイソンじゃないの?」と思っている方も結構多く、「吸う」をどう定義するかによっては、そう捉えても間違いにはなりません。しかし、シンプルにモーターの力による吸引力だけで比べると、国内メーカーでもより高い数値を実現している製品が少なくありません。

パナソニックさんのPOWER CORDLESSはまさにその代表格と言えます。

クリーナーのモーターはパワーを上げようとすると、大きく、重く、うるさく、電力も食うようになり、軽量小型でコードレスな製品でパワーを出すのはバランスが難しいため、各社が工夫を凝らしています。

しかも、吸引力だけ上げても、ヘッドが床に吸い付いて動かなくなってしまっては使い勝手は悪くなってしまいます。日本の女性は細腕ですからね!

POWER CORDLESSはバランスをまず吸引力に振り、そのうえで軽量性や静音性、省電力性を追求しているので、重さや騒音よりも吸引力重視な人向けです。それでも、二世代目ということもあって取り回しやすさはかなり向上している印象です。詳しくは記事をどうぞ。

吸引力勝負の優位を店頭でもアピール パナソニックのコードレススティック

待ってました!パナソニックの縦型洗濯乾燥機に洗剤自動投入モデルがラインアップ

パナソニックさんの縦型洗濯乾燥機の発表会レポートを家電Biz Webさんに掲載していただきました。

ここ最近、洗濯機の「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能は、エポックであり、目玉であると注目してきました。

あらかじめ洗剤を一本分丸ごとセットしてしまえば、洗濯物の量と内容を識別して、必要な分だけ自動投入。凄く未来的じゃないですか?私はこういう機能を見るとワクワクしてしまいます。

これまで搭載モデルがドラム式だけだったので縦型での選択肢も欲しいと思っていたところ、ここで登場したのが、縦型洗濯乾燥機「NA-FW100K7」です。

売り場で「遂に出た」「いよいよ登場」「満を持して」というアオリが、これほど使いやすい製品も少ないと思います。

ライオンさんのお洗濯マイスター、大貫和泉さんの話もなかなか興味深かったです。

パナソニックから洗剤自動投入搭載の縦型洗乾が遂に登場!

自分の美味しいと感じるお米を探せるパナソニックの体験型イベント

パナソニックさんの体験型無料イベント「OKOME STORY MUSEUM」のメディア向け事前体験会のレポート記事を、ゲットナビウェブさんに掲載していただきました。

たくさんあるお米の銘柄の中から、自分が美味しいと感じるお米を探せる触れ込みで、パナソニックの高級炊飯器「Wおどり炊き」の最新機種「SR-VSX108」で炊いたご飯を試食できます。

この体験会で、個人的に一番の収穫だったのは、お米ライターの柏木智帆さんと再会の挨拶ができたこと。昨年、我が家の近所の都電テーブルで開かれた酒米でご飯を炊いて、お酒も飲んで比べてみるという粋なイベントがあった時にゲストで参加していて、そのお米に対する強烈な愛情の注ぎ方に感心していました。今回もゲストとして「お米の楽しみ方」と題したトークセッションに立ち、お米愛を存分に発揮していました。

今回も「どの米が一番美味しいか」という問いは「どの画家が一番絵が上手いか」という問いと同じくらい愚問だという指摘は、大変分かりやすい良い気付きを与えてくれました。考えてみると、お米に限らず、お酒でも、お茶でも、珈琲でも、そういう側面ってあるなあと思います。

では、家電ではどうか。「一番美味しく炊ける炊飯器は何か」という問いは、果たして「どの画家が一番絵が上手いか」と同じくらい愚問と言えるのでしょうか。流石に壇上でそんな話題は出ませんでしたが、もし出ていたら、このイベントはパナソニックさんの主催ですし、そういう回答になったのかなぁなどと、ちょっと思いました。

米の銘柄でここまで味が違うとは…体験型無料イベント「OKOME STORY MUSEUM」でごはんの意識が変わった!

パナソニックが百年間変わらず作り続け、今でも年間10万個も売っている製品とは?

7月10日、パナソニックさんの配線器具工場見学会に参加してきました。


津工場を正面玄関から望むの図

創業者である松下幸之助氏が、同社の初めての商品であるアタッチメントプラグを発売したのが1918年のこと。見学会はちょうど100周年の節目を記念して実施され、同社の物づくりのルーツを見ると共に、脈々と受け継がれてきた理念やこれからの商品作りに向けた考え方を学ぶものでした。


工場内にある配線器具記念館も見学しました

この津工場はパナソニック・グループの中でも、住宅やビル・公共エリアなどで使われる技術や製品を扱うエコソリューションズ社に属しています。

ちなみにパナソニックは、エコソリューションズ社のほかは、家電を扱うアプライアンス社、B2Bソリューション事業を扱うコネクティッドソリューションズ社(元マイクロソフトの樋口社長のところ)、車載機器やインダストリアル機器を扱うオートモーティブ&インダストリアルシステム社があり、全部で4カンパニーによるグループを形成しています。

さて、津工場は三重県の県庁所在地である津市にあります。津市を工場の立地に選んだのは、当時戦時中で大阪に工場が建てられなかった為なのだとか。

アクセスが意外と面倒で、東京からだと新幹線で名古屋駅に出て、JR関西本線で桑名、四日市、鈴鹿とたどり、津駅で下車します。工場のある藤方は、そこからさらにバスで15分ほど南下して、伊勢湾にある安濃津や阿漕と言った土地の先になります。

この辺りは平安時代の前から町や村の栄えていた地域で、歴史好きには馴染みの土地が多く見られます。高い山もなく開けていて空が低いのが印象的でした。

工場に到着するとまずは、白澤ビジネスユニット長がパナソニックの事業における配線器具の位置付けについて語り、続いて足立配線カテゴリー長が配線器具の歴史と展開について、最後に吉岡工場長が工場の概要について順番に述べていき、とても勉強になりました。


見学会の様子。先にスライドベースでの解説が行われました

配線器具」と言われても、ピンと来ない人も多いかと思います。簡単に言うと住宅やオフィスの壁にあるコンセントの差込口や電球の挿し込み口、電灯のスイッチなどのことです。

先述の通り、パナソニックの前身である松下電器の歴史は、アタッチメントプラグの製造から始まりました。電球の受け口を想像すると、ほぼそれです。驚いたことに、このアタッチメントプラグは発売から百年が経過しながら、ほぼ原型のまま未だに出荷しており、年間約10万個も販売しているそうです。


アタッチメントプラグは百年前とほぼ変わらない製品。マジで!?

一体どこで使っているのかと思ったら、縁日などの屋台や烏賊釣り漁船などでよく使われているそう。おびただしい数の烏賊釣り漁船の集魚灯を写した夜の衛星写真がニュースになったことがありましたが、パナソニックなくしてあの光景は有り得なかったのかと考えると妙に感慨深いところ。


烏賊釣り漁船は実物を見たことはありませんが、屋台の明かりは確かに使われている見覚えがあります!

同社の創業当時、日本の家屋は電気を配線する前に建てられたものがほとんどでした。建物に電線を引き込む必要があった為、引き込んだ電線は、屋内を這わせて部屋の中央などにアタッチメントプラグで天井から吊るして電球を嵌め込んで使いました。電気製品を使うときは電球を外して、使いたい製品のプラグを挿し込んだわけです。

松下電器ではすぐに二又のソアタッチメントプラグを開発し、電球をいちいち外さなくてもプラグを利用できるようにしました。とはいえ、何か家電を使うときには部屋の真ん中に電源コードが垂れ下がる風景は暫く続いたのです。想像するとちょっとおかしいですね。


配線器具記念館での写真。古い家屋では天井の中央や長押の下から、電源ケーブルが垂れ下がっている光景がまま見られました

そんなパナソニックのルーツとプリミティブな側面が見られる津工場では、製品の設計、製造、検査、販売まで手掛けており、部品は金型から作って、組み立てまで一貫して行っているとのこと。年間8500万個の部品を生産しているというから驚きです。

配線器具は長期間に渡って、簡単かつ安全に電気を供給し続けられることが重要となるため、迷わず使える操作性や繰り返しの操作でも劣化しない高品質をずっと追い求めてきたそう。

例えば、コンセントにプラグを突っ込むだけで接続でき、解錠レバーですぐに外せるコンセントやスイッチの仕組みには、パナソニックの開発した技術が幾つも使われているとのことでした。

家屋のコンセントや電源がどういう形で進化してきて今のこの形になったのか分かり、大変興味深く面白い内容でした。


1950年代には露出配線器具が一般的でした。それが1960年代には、結線が容易で量産しやすいハイ角連用配線器具へと進化します


1970年代にはフルカラー配線器具へ進化。独自開発したフルカラーモジュールをJIS規格化して戦略的に普及促進を図るといった販売戦略も取っています


2000年代に入ると「コスモシリーズ ワイド21」を商品化。スイッチをワイド化して操作性を向上したほか、センサーも利用するようになりました


現在は2014年に発売開始したフラットなデザインで存在感を主張しない「アドバンスシリーズ」がスタンダード商材になっています

現在では国内だけでなく、世界各国の仕様に合った配線器具を製造して輸出しています。現在はアジアシェアではナンバー1ですが、2020年には世界シェアでナンバー1になることを目標に取り組んでいるそうです。


アジア市場は世界1位。過半数を占める日本、台湾のほかベトナムやタイ、トルコも約半数となっています。中国が少ないのがやや意外ですね


会場には各国のスイッチとコンセントが展示してありました。インドのコンセントってこんな形状なんですね


今後はスマートスピーカー経由による音声操作でOn/Offできるスイッチも開発していくとのこと

座学のあとは、工場のラインまで行って見学しました。

以下、詳しい説明は省きますが工場内の風景をダイジェストで。撮影禁止の場所では撮影していないはずなので、大丈夫だと思いますが…。

とにかく、とても満足度の高い工場見学会でした!


最初に見たのは金型のメンテナンス現場です


熱硬化性樹脂を成形する装置


熱可塑性樹脂を射出成形する装置


工場内を自走する無人搬送車。AGV(Automatic Guided Vehicle)と言います


天井走行式の無人搬送車。OHT(Overhead Hoist Transfer)や、RGV(Rail Guided Vehicle)と呼びます


検査の様子


製品の箱詰めも機械で自動化しています

Let’snoteに世界最軽量1.25kgの光学ドライブ内蔵14型ノート「LV7」が登場

パナソニックさんのモバイルノートパソコン「Let’snote」の新製品発表会レポートを、マイナビニュースさんに掲載していただきました。

Let’snoteは20世紀から21世紀に移り変わる頃に、3台に渡って利用していた経験があり、思い入れもそれなりにあるブランド。ただ、ビジネスユース向けで高付加価値、高価格ゾーンが定着してからは、先立つものとの相談もあってご無沙汰です。

すっかり憧れのPCになってしまったLet’snoteの最新モデルは、新シリーズとなる「LV7」が目玉になっていました。従来の「LX6」をフルリニューアルした14.0型液晶のラインです。価格は約21万円から。

「14.0型液晶、クアッドコアの第8世代Intel Coreプロセッサ、光学式ドライブ内蔵のノートPCとして、世界最軽量の重量約1.25kgを実現」ですよ。

発表会ではゲストで女優の比嘉愛未さんが登場したそうです。実は私は展示機の撮影に移動し、比嘉さんの撮影は編集にお任せしたので1秒も見ていません。芸能人にはまったく興味ない性分ですが、PCの写真を撮っているよりは楽しそうだし、美女を見て鼻の下を伸ばせなかったのはちょっと残念かな(笑)


比嘉愛未さんがメガネ姿でスピード顔認証 – パナソニック「Let’snote」発表会から

メタリックなボディで白物家電からの脱却を図るパナソニックの縦型洗濯機

パナソニックさんの縦型全自動洗濯機「NA-FA120V1」と、縦型洗濯乾燥機「NA-FW120V1」の発表会レポートをゲットナビさんに掲載していただきました。

いずれもシルバーボディを基調とした高級感のある新しいデザインが目を引きます。白物家電の代表とも言える洗濯機が真っ白をようやく脱却した感がありますね。

もちろん、同社のCubleを始め、真っ白ではないモデルはこれまでもあったのですが、スタンダードにこだわるパナソニックさんが、旧来型とも言える縦型のフラグシップでメタリックボディが採用されたのは、少し象徴的なのではないかと思うのです。今後、下位モデルにもこの傾向が波及していくのを期待したいです。

機能面ではドラム式で採用する「温水泡洗浄W」を搭載。また、業界最大クラスとなる洗濯容量12kgに対応しています。12kgは今年のトレンドになりそうですね。詳しくは記事をご参照ください。

ちなみに、パナソニックさんに限らない話ですが、縦型洗濯機は、乾燥機能を備えない洗濯機と、備える洗濯機で、「縦型全自動洗濯機」と「縦型洗濯乾燥機」と呼び分けます。これはちょっと分かりにくいですよね。

本来なら、縦型全自動洗濯機と縦型全自動洗濯乾燥機とするべきなのかもしれませんが、業界全体で縦型全自動洗濯機と縦型洗濯乾燥機と呼び分けるのが一般的になっています。

業界で使われている略称は、それぞれ「全自洗(ゼンジセン)」もしくは「縦洗(タテセン)」と「洗乾(センカン)」。


タテ型洗濯機の逆襲が始まった! 「白物」のイメージを覆し「温水洗浄」も追加したパナソニックの新モデル

なお、カタログなどでは「タテ型全自動洗濯機」という具合に、「縦」の漢字を避ける傾向もあります。「縦」は小学校で教わる常用漢字なので、敢えて一文字だけ片仮名を混ぜて読みづらくする理由はよく分かりません。

出版社は各社で表記のルールを決めており、大手新聞社や通信社の用語の手引きに従うところも多いです。もしメーカーもこれに倣っているのであれば、この用語の手引きが日本人の国語力低下の元凶なのかもしれません。それでも編集者は社のルールに従って校正する必要があります。自分のポリシーを貫いても読者が表記の揺れで不利益をこうむるだけだからです。

このため、私も原稿執筆時には自分なりのルールと異なる部分でも、なるべく出版社に合わせるようにしています。とはいえ、なかなかすべてにおいてというのは難しいです。自分が読み書きしやすい言葉で書いたほうが筆も進みますしね。

今回の記事もうっかり「縦型」と書いてしまい、編集さんに全部「タテ型」に直されました。実は割とやってしまいがちです。裏話を長々と言い訳がましく書きましたが、注意しないといけないなと反省している次第です。