ニーズに応える尖った工夫の光るアイリスオーヤマの調理家電

アイリスオーヤマさんの調理家電の2019年秋モデルの体験レポートを、家電Bizさんに掲載していただきました。

アイリスオーヤマさんが浜松町のオフィスで時間を取ってくれ、「左右温調ホットプレート(型番:WHPK-011、WHPK-012)」「かんたん両面焼きレンジ(型番:IMGY-F181-B)」「電気圧力鍋(型番:KPC-MA2-B)」の3製品を見せてくれました。

実は前回の体験会はざっくりした時間だけ決まっていて、出入り自由で見にきてくださいというノリになっていたこともあり、今回もそんな調子と勝手に思ってのんびり行ったら、キッチリ時間を取ってくれていたようで、思い切り遅刻になってしまいました。大失敗です。申し訳ないことをしました。油断大敵です。

それでも、1つひとつの商品を詳しく紹介してくれ、目の前で実演してハンバーグも作ってくれ、試食させてくれました。簡単に作っているようだったのに、しっかり火も通っていて美味しかったです!

カレーも野菜のたっぷり感が出ていて、無水調理がしっかりできているなと感心しました。

個人的に高く評価したいのは、デザインに統一感を持たせたところです。真っ黒というのは、オーソドックスなだけと感じる向きもあるかもしれませんが、生活家電が「白物家電」と言われるのは、かつて各社の製品が白いデザインばかりだったから。生活家電を指して「なぜこれが白物家電なのか」と言われる時代も、遠くないうちにやってくるのではと感じてしまいました。

両面焼きできるレンジなど、ひと工夫を凝らしたアイリスオーヤマの最新調理家電

皮膚科学会総会で注目のダーモカメラをレポート

名古屋で開催された第118回日本皮膚科学会総会のレポート記事をマイナビニュースさんに掲載していただきました。カシオ計算機さんのPR記事になります。

カシオさんが医療業界向けに新発売したダーモカメラ「DZ-D100」に焦点を当てた内容で、幾つかの要素で構成しています。

1つは国内ダーモスコピー診療の権威であり、ダーモカメラの開発にも協力した東京女子医科大学東医療センターの田中 勝先生の取材。もう1つは田中先生が座長で、千葉大学の外川八英先生と信州大学の古賀弘志先生が登壇するランチョンセミナーの報告。そして協賛企業の展示コーナーに設けられたカシオブースの様子を紹介し、最後に実技講座のダーモスコピー道場と盛りだくさん。

個人的にはランチョンセミナーが面白かったです。専門的な医学の話はチンプンカンプンですが、今回はDZ-D100をどう使うと、どう便利か、医師の視点から製品を語っているため、こういうところが気になるんだなとか、こうやって検証するんだなと、興味深く見学できました。

名古屋なので日帰りでしたが、一応名古屋っぽいものも飲み食いしてきました。出張は基本的に好きなのです。

カシオのダーモカメラが皮膚科の医療現場を変える – 第118回日本皮膚科学会総会レポート

医師がAIに代替されない理由

カシオ計算機さんの記事をマイナビニュースさんに掲載していただきました。

12月1日に芝公園のプリンスタワーで開催された「第82回 日本皮膚科学会東京支部学術大会」の取材記事です。

PR記事で、おまけに非家電ですが、毎回目からウロコが落ちるような話が聞ける、楽しみにしている仕事の1つです。

今回はAIがこれ以上発達すると人間が仕事を奪われると思っている人に知ってほしい内容がありました。

皮膚科の現場では1950年代から機械に皮膚癌を診断させる試みが続いていて、病変部の写真のみから判断するテストでは、実はとっくの昔にAIは人間の医師より高い成績を出していると言うのです!

それでもAIの診断が医師に取って代わらないのはなぜか。いつまでも代替されないAIをなぜ開発し続けるのか。なるほどと感じる理由がありました。詳しくは是非記事を参照していただければと思います。

ちなみに医師の学会と言うとお堅いイメージがありますが、実は講演では結構ジョークが差し込まれます。 たとえば、記事に登場するウィーン医科大学のハラルド・キトラー(Harald Kittler)先生はなかなか愉快な方で、講演の中で印象的なジョークを飛ばしていました。

AIによる画像解析がいかに優れているか示すため、自分の顔写真でGoogleの画像検索を行うと、類似画像としてジョージ・クルーニーの顔写真が並ぶとスライドで報告。そこで、キトラー先生はニヤリとしながらこう言います。「機械は正直だ。ボクとジョージを見分けるのは本当に難しい」。会場からは笑いと拍手が起こりました。実は優秀な学者はプレゼンが上手だと言います。必要な 研究資金を集めるために、プレゼン能力が問われるからです。こうした講演を聞いていると、本当にそうなんだなと感じます。

また、会場ではカシオさんが開発中の、皮膚がんの発見に役立つ機能を備えたカメラも紹介していました。実はこれがかなり凄い製品で、医療以外にも応用できそうな気がしてなりません。

技術の進歩とその過程を一足先に見たり、専門家の口から聞いたりできるのは、メディアの醍醐味ですね。

なぜ医療現場でAIが医師に取って代われないのか – 皮膚科の世界的権威の見立てとダーモスコピーの関わり

心肺停止の救命率向上に役立つ緊急情報共有アプリ「Coaido119」のワークショップ

Coaidoさんのワークショップの取材レポートを、マイナビニュースさんに掲載していただきました。

ワークショップは、Coaidoさんの開発した「Coaido119」の紹介と、「CPR(心肺蘇生)」の重要性を訴求する内容。参加者が実際にCoaido119を操作したり、ペットボトルを利用したCPRの練習なども行いました。

Coaido119は心肺停止した人を見つけたときに周囲にSOSを発信できるiPhone用の緊急情報共有アプリ。近距離にいる救命資格所持者のCoaido119ユーザーに知らせたり、AEDを探したり、119番通報なども可能です。このため、人口密度の高い地域でユーザーも多いほど、効果を発揮する仕組みになっています。

Coaido119は豊島区が後援し、ワークショップも池袋の豊島区役所での開催でした。

Coaido119の実証実験も、池袋駅を中心に半径1km圏内が対象です。

これは、豊島区が日本一の人口密度の自治体であり、中でも池袋駅は乗降客数で世界第3位のターミナルだから。

ちなみに乗降客数世界第1位は新宿駅、2位は渋谷駅で、上位20位まで日本が独占しています。「人口密度の高い駅」だけは候補が沢山あって困らないというのは、素直に喜んで良いのか微妙ですね…。

今回、ワークショップに実際に参加して、模擬用ではありますが生まれて初めてAEDを操作しました。いわゆる心臓マッサージであるCPRをしないと、AEDだけでは心肺蘇生にはならないとは知らなかったので、それを知っただけでも大変有意義でした。

ユーザーが増え、全国でAEDの使用率や救命率の向上に繋がるといいなと思います。


人命救助に役立てる緊急情報共有アプリ「Coaido119」ってどんなもの!? – 実証実験に参加

髪の健康は熱より風で乾かすことで維持!ダイソン ヘアサイエンス DAY

ダイソンさんのメディア向けイベント「ダイソン ヘアサイエンス DAY」のレポート記事を、ゲットナビさんに掲載していただきました。

ヘッドに真ん丸の穴が空いたヘアードライヤー「Dyson Supersonic」が、髪の健康に配慮して開発されていることを伝える内容で、髪の毛がいかに高熱に弱いか訴えるものになっていました。

ダイソンさんの主張を簡単にまとめると、髪の毛を熱で乾かすと髪の毛が傷みます。→熱ではなく風で乾かしましょう。→風量が多いのはDyson Supersonicです。→どうして風量が多いかというと、小型モーターかつエアマルチプライアー技術を搭載しているからです。という流れですね。

もちろん、熱をまったく使わないわけではなく、スタイリングに必要な80℃くらいまでは出るようになっています。

詳しくはぜひ記事をご参照ください。

ちなみに記事には書いていませんが、実は私は20代の頃、髪を尻に届くほど伸ばし、ボロボロに傷めてしまった経験があります。

なのでとても興味深く拝聴できました。もし長髪にしていた時期にこのドライヤーがあったら、未だに長髪のままだったかもしれません。

いや、それはないかな…。なんだかんだ面倒でしたから(笑)


「こげくさい」と感じたら、髪はもう死んでいる! ダイソンのヘアードライヤーイベントでわかった衝撃の事実

ウェブの記事が誌面になる~GetNavi10月号

「GetNavi 10月号」にセールス・オンデマンド主催の快眠セミナーのレポート記事を掲載していただきました。

書店やコンビニなどでお見かけの際はお手にとって頂けると幸甚です。

ウェブに掲載した記事を転載したもので、実は私は何もしていません(笑)

紙媒体は文字数の制限があるので、自分の原稿(といっても、これもウェブ媒体の編集による手が入っています)が、どのように変わっているかと思って一文字ずつ見比べてみましたが、上手い具合に編集するものだなと感心してしまいました。

長らく紙媒体を作って来ましたが、ウェブの記事を紙に落とし込む作業はやったことがなく、自分だったらどうしただろうと考えながら追っていくと、「なるほど」と感じる部分が幾つも見えてきます。

それは媒体や編集者の“クセ”や“こだわり”も含むものではありますが、あらゆる情報が勉強になります。

空気清浄機から始める睡眠改善

ブルーエアさんの勉強会の記事をゲットナビさんに掲載していただきました。

「睡眠負債」という言葉はこの勉強会で始めて知りました。
私の場合、債務超過どころか、睡眠の財政破綻に何度か陥っている気がします。

快眠セラピストの三橋美穂さんの話を聞いていて、我が家の睡眠環境を見直したくなり、同時に空気清浄機が欲しくなりました。

「Blueair Classicシリーズ」、静かで有能そうです。
置き場所もコンセントの空きも足りませんが…。

睡眠のプロに聞いた単純すぎる「快眠ルール」ベスト5

身代金は払うな

こんにちは。
無理せず自分のペースで更新していきます。

12日(金)あたりから、世界各地でランサムウェア「WannaCry(ワナクライ)」の被害が報告されています。

この週末は日経新聞の一面にも取り上げられたりしたので、気になっている人も多いのではないでしょうか。

5月15日(月)にウイルスバスターで知られるトレンドマイクロが、WannaCryの緊急解説セミナーを開催したので参加してきました。

セミナーでは世界各地から報告される被害状況や、解明されている仕様、事前の対策について、同社セキュリティエバンジェリストの岡本勝之氏が登壇して解説しました。


トレンドマイクロがWannaCryの緊急解説セミナーを開催。なお、同社の社内では本来WannaCryは「Wcry」の名称で呼んでいますが、今回はメディアの報道に合わせています


トレンドマイクロのセキュリティエバンジェリスト、岡本勝之氏

ここでは、セミナーで聞いた内容を踏まえ、私なりの理解と意見をまとめます。

まず、ランサムウェア(Ransomware)とは何かですが、これは侵入したパソコンを人質と見なし、身代金(Ransom)を要求するソフトウェアの総称です。

WannaCryが登場する以前にも幾つも存在し、厳密にはウイルスではないのですが、一般論としてはウイルスの一種と考えて良いと思います。
要するに感染するとヤバイってことです。

どうヤバイのか。具体的には、パソコン内部のデータを暗号化してユーザーが閲覧できないようにし、復元したければ指定額を払えと脅します。あからさまに金銭目的なのが特徴です。

今回のWannaCryは、ネットワーク経由でWindowsの脆弱性を突いて感染を広げる手口が巧妙で世界的に広まることになりました(メチャメチャ端折ってます)。


WannaCryの被害はヨーロッパを中心に世界中の国々に拡大。WannaCryはメディアによって「WannaCry2.0」「WanaCrypt0r」などとも呼ばれています


WannaCryが要求する身代金は300米ドル。安いじゃないかと感じるようでは危険

さて、WannaCryなどのランサムウェアに感染してしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

仕事で使う重要なデータが使えなくなったり、思い出のデータが見られなくなったら、何とかして取り戻したくなりますよね。少々のお金で解決するなら出してもいいと思うほど大事なデータであればなおさらです。

ランサムウェアはそうした心理につけ込みます。

感染したらどうすれば良いのか。質疑応答でまさしくこの質問を受けた同社の岡本氏は「感染しない備えが大事。それでも感染してしまった場合、当社としては犯罪者への身代金の支払いはオススメしません。Windowsの再インストールが良いと思います」と回答しました。

これを聞いた時、私はこの先の一言を継ぐことこそ、メディアの役割だと思いました。

すなわち「データは諦めろ」です。

もし、あなたが感染して解決したくてお金を払ったらどうなるでしょう。

まず覚えておいてほしいのは、身代金を受け取る相手は、あなたを騙し、あなたの分からない技術で、あなたからお金を巻き上げようとしてる「悪党だ」ということです。

身代金を払うことでデータが元に戻る保証はどこにもありません。

それどころか、あなたのPC環境は脆弱このうえなく、あなたはセキュリティの技術に無知で、トラブル解決のために警察に届けるのではなくお金を払うタイプの人間だと、犯人に伝えたことになります。

いいカモです。たった一度の身代金ですっかり手放してくれたりはしないと思います。

おまけに、あなたが払った身代金は次のウイルスを作る費用に当てられます。そのウイルスはあなたにいの一番に届けられるでしょう。カモなんですから。

もうお分かりですね。残念ながら、もしも感染してしまったら、人質に取られたデータは諦めるのがベストです!

暗号化された時点で元に戻せぬように破壊されてしまったのだと受け止めたほうが良いです。

人の命が掛かっていれば、ここまでドライに割り切るのは難しいかもしれません。今回、イギリスでは医療機関のデータが人質に取られて大混乱になりました。もしかしたら、身代金を支払った機関もあるのかもしれません。犯人に一抹の良心があり、データをきちんと復元していることを祈るばかりです。

悪党の良心にすがる…。そんな惨めな思いをしないためにはどうすれば良いのでしょうか。

もちろん、感染しないことが第一です。そして万が一、感染しても、バックアップで復元できるようにしておく備えが第二です。バックアップで復元できれば、身代金を払うべきか悩む必要はありません。

今回猛威を奮っているWannaCryは、Windows環境のみに感染します。しかもメインターゲットはWindows XPやWindows Server 2003などのサポート期限の切れた古いWindowsです。MacやAndroidは関係ありません。
また、マイクロソフトが提供する最新のWindowsUpdateを適用しておけば感染しません。同社のウイルスバスターを始めとする、セキュリティソフトの導入も重要。法人の場合、ネットワークに繋ぐ必要のない環境は切り離しておくといったネットワークのセグメント化も有効です。

感染経路としては、メールの添付ファイルを開かせたり、本文中のURLをクリックさせることで潜り込んでくる場合と、ネットワーク経由で勝手に入り込んでくる(ように見える)場合があります。


WannaCryの感染の流れ。Windowsの脆弱性を利用して侵入し、サービスプロセスとして不正なファイルを実行します。一応載せましたが、このあたりが理解できなくても対策はできます


トレンドマイクロによるWannaCryの実行デモ。感染するとこのような画面が表示されます。意味は通じますが少々拙い日本語です

ネットワーク経由で勝手に入ってくるケースは防ぎようがないと思うかもしれませんが、実はこれはレアなケースで、個人ユーザーが自宅でルーターを使っている分にはまず問題になりません。WindowsUpdateをおろそかにしている方が遥かに危険です。

また、バックアップによる復元は、手作業でも可能ですが、バックアップ専用ソフトを利用すると便利でしょう。

今回は「感染したらデータは諦めろ」が言いたくて、それ以外の専門的なところはだいぶ端折りました。語弊のある言い回しもあるかもしれません。

もう少し詳しく知りたい、もうちょっと専門的でも分かる、そういう方はセキュリティベンダー各社のリリース(ブログ)や、IT系メディアの記事がオススメです。

●トレンドマイクロ セキュリティブログ:週明け国内でも要注意-暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」

家電王は偶然じゃない

マイナビニュースさんに、日本HPさんの記事が掲載されました。
三日連続で書かせていただいたのは初めて。
8製品は流石にちょっと疲れましたが書いている間は楽しかったです。

●マイナビニュース:【レポート】日本HP、独自のセキュリティ機能を強化したビジネス向けPCを8製品

21日は、家電王、中村 剛さんの「第5回家電サロン」に参加しました!

会場は港区芝のハンバーグステーキ店。
中村さんの学生時代の同級生が運営しているのだとか。料理も美味しかったです。

「あの人はいま」で取り上げられた映像や、某社の研修向けの家電クイズ、最近流行りの家電の特徴など、スライドと映像で拝見しました。


中村さんの家電に関する知識はもちろん、トークが分かりやすく、聞き取りやすいのも、凄いなと感心してしまいます

中村さんのトークのあとは雑談タイムになり、その際、中村さんに以前から気になっていたことを聞いてみました。

それは「家電王」の称号をテレビ番組で認められるほど、全方位の家電に詳しくなったきっかけ。

元々家電が好きで、好きが高じて…。ということなら、どういう家電が好きだったのか、苦手な家電はあったのかなども聞きたいと思っていました。

ところが、びっくりしたことに答えは「全部仕事だと思って勉強しました」でした。

分野としての多少の得手不得手はあったものの、どのジャンルも好き嫌いすることなく、同じように掘り下げていって詳しくなっていったそうです。

なので、テレビ番組で家電王のタイトルを得たときも、最初から取るつもりで狙って出場したと言います。その動機も仕事で武器になるから。

この人、根っからのプロだわ…。と感動してしまいました。

料理もお酒も美味しくて、集まっている人たちも気さくで賑やかに会話でき、とても楽しい一夜でした!