東芝のコエステーションに「声の文化」の未来を見た

東芝さんのコエステーションの取材記事をAV Watchさんに掲載していただきました。

インプレスさんには初めての掲載になります。
お声掛けいただいたAV Watch編集部の編集さん、ありがとうございます。

コエステーションは音声合成に関する技術で、コミュニケーションAIサービス「RECAIUS」における音声合成サービスのプラットフォームとして機能します。

こう言うと分かりにくいですね。非常に興味深い内容でしたので是非記事をご参照ください。

最近は家電も含めて喋るデバイスが増えてきていますが、この取材に行ってからというもの、1つひとつのデバイスがもっと個性を持った声であっても良いんじゃないかと思えて仕方ありません。


音声合成から新しい文化が生まれる? 東芝「コエステーション」が見据える“声の未来”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です